小顔や多汗症に効果的な美容外科でのボトックス注射

小顔や多汗症

ボトックス注射はボツリヌス菌から抽出した成分で顔の各部に注射することで筋肉の動きを抑える効果があります。
ボトックス注射によって動きを抑えられた筋肉によって皺の拡張や固定が抑えられ、無駄な顔の動きを抑えられるので小顔にも効果的だそうです。
ボトックス注射は数ヶ月から半年程度の効果がありますが、定期的な注射が必要となります。
サプリを飲むような手軽なものではありませんが、美容外科で行われる医療行為に指定されるくらい効果があり、顔の筋肉に直接作用し、皺の固定化を防ぐことはもちろんのこと、多汗症や小顔にも効果が期待できます。
ただし、ボトックス注射は医療行為であり、駐車時には麻酔も使いますので美容外科、できれば経験が豊かな医師にお願いすること、また、個人差はありますが麻酔やボトックス注射による体の変化、赤みが出る、痛みがあるなど副作用が出る場合もありますので、ボトックス注射後のアフターケアについても注射前にチェックしておくことをオススメします。